会社案内

代表挨拶

日ごろから格別なご高配を賜り、誠にありがとうございます。

自動車用品製造・販売・企画を行っている弊社は、主にトヨタ自動車のディーラー様に商品を提供させて頂いております。ディーラーの目的に視点を置き、複合的・創造的な解決策を提案し、その結果、パートナーとして認めていただけるプロフィタブルパートナーシップの関係を構築することができ、50年以上のお取引実績があります。

マットの販売からスタートし、ディーラー様に寄り添い歩む中、ニーズにお応えしながら、今では商品の卸だけでなく付帯作業も行うようになりました。これからもディーラー様からの信頼と期待にお応えしてまいる所存です。

今後とも変わらぬご高配を賜りますようお願い申し上げます。

代表 南 義伸


写真:代表 南 義伸


会社概要

社名 日商産業株式会社
代表者
南 義伸
本社所在地
〒564-0044 大阪府吹田市南金田2丁目26番8号
TEL. 06-6380-3531
FAX. 06-6380-0739
設立1965年 12月
業務内容
自動車用品製造・販売・企画
営業品目
  • シートカバー
  • ハーフカバー
  • 各種カーマット
  • サイドバイザー
  • ナンバーフレーム
  • 字光式ナンバーフレーム
  • 愛車用具
  • エアロパーツ
  • カーアクセサリー用品
  • 電導師
  • ノベルティー商品
写真:外観
写真:外観

当社のサービスの特長

写真:社内

カーアクセサリーで

カーライフをさらに充実させる提案を


カーアクセサリーを中心にディーラー様に提供しています。カーマットやサイドバイザー、ナンバーフレームといったオリジナル商品や一般カー用品を取り扱っています。

ディーラー様が新車を販売と同時に、ユーザー好みのアイテムを提案・カスタマイズを提案することで、ユーザーのカーライフをさらに充実させ、満足度を向上させるお手伝いをしております。

写真:作業風景

スピード感を重視、

取り付けまでサポートします


ネット社会の昨今、ユーザー様は欲しいアイテムはどこでも購入できます。

弊社としてはスピード感を持ち、臨機応変に対応することを大事にしています。ディーラー様がユーザー様の要望をくみ取り、一歩先のご提案をするサポートを行うのが弊社の強みです。

現在では卸販売だけでなく、電装品・カーアクセサリーの取り付け作業にも力を入れており、ディーラー様がさらに顧客満足度の高いご提案をできるようお手伝いさせていただきます。

写真:カーアクセサリー

カーアクセサリーのことならおまかせ!

取扱メーカー・商品の幅広さも強みです


弊社が自動車メーカー純正でないマットを用意して納めたことから始まり、カー用品を中心に、ノベルティやお店で使う雑品、イベントでの景品やマスクといった物まで納品しています。

ディーラー様からの要望に柔軟に対応する形で、取り扱う商品は増えていますし、それに伴い仕入れ先も豊富です。

今後も『ディーラー様に寄り添う』ことをモットーに、ご要望に合わせて自動車販売にまつわる様々なアイテムを拡充していきます。

コンセプト

プロフィタブルパートナーシップ
Profitable Partnership

コンセプトの一つは”プロフィタブルパートナーシップ”です。プロフィダブルパートナーシップとは顧客と自社とが永きに渡ってお互いに利益をもたらす関係を言います。例えば営業目標を達成し、自社が満足しても顧客に不満が残るような関係、逆に顧客が売り手に全面的譲歩を要求し、リスクを全て負わせるような関係ではありません。

プロフィダブルパートナーシップは顧客の利益と自社利益の向上を同時に達成し、他社が真似ることのできない関係を言います。

つまり自社が顧客にとって「失いたくないアイディアの供給源」であり、「課題解決に向けた協業体制」をとり、「顧客の目標や戦略を実現」させるためのパートナーとして考えていただけるよう、また、自社にとって顧客が「競合より先行した活動」ができ、「駆け引きのない話し合い」によって「営業生産性を向上」できる関係を目指しております。


ソリューションマーケティング
Strategic Solution Sales Management

もう一つのコンセプトは”ソリューションマーケティング”です。ソリューションマーケティングは顧客のニーズとその裏に隠されたニーズをも汲み取り、単一商品の利点からの視点ではなく、顧客の目的に視点を置き、複合的・創造的な解決策を提案します。

その結果、顧客からパートナーとして認めていただけるプロフィタブルパートナーシップの関係を構築することができます。

顧客のビジネス上の課題に対して、複合的且つ創造的な解決策を、自社の総力をあげて(必要であるなら提携先企業と共に)スピーディーに提供し、顧客ロイヤリティを長期に維持する営業と言えます。例えばある取引先企業がノートパソコンを導入すると考えた場合、これはパソコンの導入によって営業生産性を向上させたいという裏のニーズが見えてきます。そこでその目的に応じたソフトウエアやハードを用意することにより、顧客により高い満足感を感じていただくことができます。